冒険家の荻田泰永さんが

日本人初の偉業を成し遂げました!

無補給単独歩行で南極点まで到達したのです!

 

ただ南極点に行くだけでも

とてつもなく大変なことだと思いますが、

無補給で1人歩いて行くなんて

信じられません!

 

偉業達成おめでとうございます!

 

これだけの事を成し遂げた方は

どんな方なのか気になりますよね!

 

世界中を飛び回っている様ですが、

結婚はしているのでしょうか?

 

また冒険は2000万円ほどの費用が

かかるとも言われていて収入面や

資金援助はどうなっているのかも気になります。

 

記事をご覧いただきありがとうございます。

今回は見事日本人として初めて

無補給単独歩行で南極点に到達した

冒険家荻田泰永さんにスポットを当ててみたいと思います!

スポンサーリンク
 

荻田泰永(冒険家)のプロフィール!や経歴

荻田泰永

画像引用元:https://this.kiji.is

萩田泰永のプロフィール

  • 名前:萩田泰永(おぎた やすなが)
  • 生年月日:1977年9月1日
  • 年齢:40歳
  • 出身地:神奈川県愛甲郡愛川町
  • 居住地:北海道鷹栖町在住
  • 高校:神奈川県立愛川高等学校
  • 大学:神奈川工科大学(3年で中退)
  • 冒険家キャリア:2000年〜
  • 備考:2013年に著書「北極男」を出版

萩田泰永さんは神奈川県出身の40歳です。

冒険家としてのデビューは大学3年生の時でした。

 

北極冒険家として

有名な大場満郎さんが出演している

TV番組をみて衝撃を受けたことが

きっかけだったようです。

大場満郎

大場満郎

画像引用元:http://www.global-edventure.net/

TVで衝撃を受けた萩田さんは

大場さんの講演会に参加します。

 

講演会でますます北極への情熱を高まらせた

萩田さんは、その後大場さんが企画した

「北磁極を目指す冒険ウォーク2000」

に参加し冒険家としてのキャリアがスタートしています。

 

この冒険はカナダのレゾリュートから

北磁極までの700km徒歩で行く

というものになっています。

 

その時萩田さんは

海外旅行にも行ったことがなければ

アウトドアの経験もなかったようです。

 

初めての海外かつ初アウトドアで

いきなり北磁極を徒歩で目指すだなんで

ぶっ飛んでますよねw

 

ちなみに北磁極は有名な北極点とは違います。

北磁極は

磁気コンパスの磁針の水平方向への牽引力が殆どゼロで、

真下をさすように針が振動する場所です。

引用元:http://www.cruiselife.co.jp/

とのことでその場所は一定ではなく、

カナダの北極圏あたりを移動しているそうです。

 

それにしてもTVで見たことがきっかけで

即座に講演会に参加し

「北極圏への冒険企画に参加する」

という行動力が素晴らしいです!

 

しかも講演会参加後自ら

講演会の主催である新聞社にコンタクトをとり

大場満郎の連絡先を聞き出したとのことです。

 

さらに2013年には著書「北極男」を出版しています。

12年間に12回も北極冒険をされたようです。

本当に北極が大好きなんですね!

 

著書の中でも「なぜ何度も北極なのか?」との問いに

「そこに、何もないからです」

と回答しています。

 

常人には理解できない

理屈を超えた北極への愛があるからこそなのでしょう!

萩田泰永の主な経歴

冒険家デビューが北磁極への冒険だった

萩田泰永さんは北極を拠点として

数々の冒険をされています。

 

2002年 レゾリュート〜グリスフィヨルド(カナダ最北集落)までの500km単独徒歩行

2003年 カナダ北極圏ビクトリア島徒歩行

2003年夏 ビクトリア島ツンドラトレック

2004年 グリーンランド犬ぞり縦断行、シオラパルク〜アンマサリク2000km

2006年 カナダ北極圏ケンブリッジベイ偵察行

2007年 レゾリュート〜ケンブリッジベイ1000km単独徒歩行(500km地点にて火傷により断念)

2008年 夏のツンドラトレック

2010年 レゾリュート〜北磁極700km無補給単独徒歩行

2011年 レゾリュート〜ジョアヘブン (Gjoa Haven) 〜ベイカーレイク (Baker Lake) 1600km徒歩行

2012年 北極点無補給単独徒歩に挑戦(途中断念)

2014年 北極点無補給単独徒歩に挑戦(途中断念)

2016年グリスフィヨルド~シオラパルク徒歩横断 世界初

wikipediaより引用

数々の冒険を行っている萩田さんですが、

2011年に「 Faust A.G. Awards ファウスト冒険家賞」を受賞しています。

萩田泰永

画像引用元:http://www.faust-ag.jp/

この受賞により冒険家としての名をあげた

萩田さんは兼ねてからの夢であった

北極点無補給単独徒歩に挑戦します。

 

しかし道は険しく2回挑戦するも

途中で断念することになってしまいました。

 

その後

2016年にグリスフィヨルド~シオラパルク徒歩横断を

世界で初じめて成し遂げ、

今回日本人初の

「南極点無補給単独歩行」を達成されています!

 

ただこれだけ北極にこだわっている萩田さんですから

3回目の北極点無補給単独歩行への挑戦は

必ず実現されると思います!

 

今後の活動に注目ですね!

 

ただ、これだけ世界を飛び回っている

冒険家の生活ですが、プライベートではどうなのでしょうか?

結婚などされているのか気になったので調べてみました。

萩田泰永は結婚している?

萩田泰永

画像引用元:http://www.faust-ag.jp/

冒険家としての顔にフォーカスしてきましたが、

萩田さんとて40歳の男性です。

 

プライベートではどうなのでしょうか?

調べたところ

ご結婚はされていて

お子さんもいらっしゃるとのことでした。

 

ただ単に家を留守にするというだけでなく

北極や南極への冒険ですからねー。

 

かなり理解のある奥さんでないと

厳しいかと思います。

 

ただ、夢ややりたい事をひた向きに

チャレンジする男は魅力的ですからねー!

 

そんな姿に奥さんも惹かれたのではないかと思います。

 

一方で、冒険には多額の費用がかかるとのこと。

そういった費用はどうしているのでしょうか?

スポンサーリンク
 

萩田泰永の冒険費用や年収は?

萩田泰永

冒険費用ですが、かなりの巨額となるようです。

冒険費用はいくらくらい?

北極点無補給単独徒歩においては

  • 飛行機チャーター費
  • 移動費用
  • 渡航費
  • 装備費用
  • 事務局の運営経費

などで約2,000万円がかかったようです。

 

中でも飛行機チャーター費は

費用の7割である1400万円ほどかかるとのこと!

 

とても個人で賄える額ではないですよね!

 

もちろん

萩田さんもスポンサーの援助を受けて

冒険をされています。

スポンサー援助はどれくらいある?

萩田さんが活動拠点としている北海道の企業を中心に

年間契約をしているスポンサー企業があるようです。

2014年の北極点無補給単独徒歩挑戦時には

1社で1000万円援助してくれた企業があったようです。

 

ただ、スポンサー獲得もそこまで容易ではないようで

常日頃からスポンサー獲得のための営業?活動をして

萩田さんの冒険に共感してくれる企業を探されているようです!

萩田泰永の年収は?

そのように苦労して集めた

スポンサー費用も冒険のための出費として

消えてしまうため、萩田さんの手元にはなかなか残らないようです。

 

ちなみに冒険家の平均年収は

200万円~300万円となると予測されます。

https://kyuryobank.comより引用

やはりせっかく得た援助も冒険費用として

使ってしまうので年収は低めですね。

 

ただ萩田さんは2016年7月20日に

個人事務所「萩田泰永北極点事務局」を立ち上げ

活動をされています。

 

1公演も15万円ほどでやられているようですし、

今回の南極点無補給単独徒歩を達成されたことで

スポンサー企業も集まりやすくなることも考えられますので

年収は平均よりはかなり多いのではないかと思います。

最後に

日本人初の快挙である

南極点無補給単独徒歩を達成した萩田泰永さん

大学時代のTVがきっかけで冒険家として

活動されるようになった

とんでもなく行動力のある方でした!

 

またプライベートではご結婚されていて

よきパパでもあるようです。

 

冒険費用は2000万円にも

上ることからスポンサーの援助を受けながら

冒険をされていました。

 

今回の偉業達成で活動が

やりやすくなるのではないかと思います!

 

普段は北極を冒険活動の中心に据えているので

南極のあとは北極点無補給単独徒歩を

達成していただきたいですね!

 

今回ご紹介したかった内容は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク