奨学金破産の件数が

増えていることが話題になっていますね。

 

個人出払いきれない状態に

なってしまっただけでなく、

家族も含めて破産するケースが

急増しているようです。

 

ネット上では

「自己責任なのでしかたがない」

という意見や

「制度を見直したほうがよいのでは?」

といった意見もあり

賛否両論のようですね。

 

奨学金というと

無償提供してくれるイメージもありますが、

じつは大半が形をかえた

借金といえる状況になっています。

 

記事を御覧いただき

ありがとうございます。

 

今回は奨学金破産について

自己責任なのか?

ということや

月々の返済額や

今後どうなっていくのか?

といった内容について

調べてみました。

スポンサーリンク
 

奨学金破産破産とは?

奨学金破産

奨学金破産破産とは

奨学金の返済が出来なくなり、

自己破産をすることです。

 

自己破産なので本人が

破産して終了となればよいのですが、

奨学金は性質上必ず

両親など連帯保証人が必要となっています。

 

そのため本人が返済出来ずに

「自己破産したから終わり」

とはならず、連帯保証人である

親族に対して返済義務が生じます。

 

近年本人のみならず、

連帯保証人である

家族を含めた破産が増加しているのが

社会問題化しています。

国の奨学金を返せず自己破産するケースが、借りた本人だけでなく親族にも広がっている。過去5年間の自己破産は延べ1万5千人で、半分近くが親や親戚ら保証人だった。

朝日新聞デジタルより引用

イメージ図がありましたので、

引用させていただきます。

奨学金破産 自己責任

画像引用元:朝日新聞デジタル

1万5千人もの方が

奨学金破産されているんですね。

進学率は増加傾向にあるので

このままであれば

今後ますます増えていきそうな気がします。

果たしてこの問題は自己責任と

片付けれる問題なのでしょうか?

奨学金破産は自己責任か?

奨学金破産

明るい未来を掴むために

奨学金で進学することを

選んだにもかかわらず、

返済できずに破産してしまうという

かなり悲しい状況ですよね。

 

なんとかしてあげたいという

意見もある一方で

本質的には

本人の意思で選んでいる

借金という側面もあるため、

自己責任という意見もあります。

 

それぞれの意見を一部抜粋して

みました。

奨学金破産は自己責任論に慎重な意見

奨学金破産は自己責任だという意見

 

どちらの意見も

見方によっては正しいと

なりますので、なかなか白黒つけるのは

むずかしそうですよね。

 

ただ、そもそも奨学金の

返済額はいくらくらいになるのでしょうか?

 

破産するほどの金額の

返済が必要なのでしょうかね?

 

気になったので調べてみました。

奨学金破産にいたった背景は?月々の返済額を調査!

奨学金破産 自己責任

奨学金は一様に

いくらといった形で提供される

のではなく、

個々の希望に応じた

金額を借りるかたちになるようです。

 

さらに借りたお金の利率も

借りたタイミングによって異なっています。

 

そのため、月々の返済額も

人によって違うようですね。

奨学金の利率はどれくらい?

ここ5年くらいで

利率(年利)が

高かったときは

約1%強

低かったときは

約0.1%前後

となっていました。

およよ10倍の違いがありますね。

 

ちなみに2018年2月現在は

0.27%となっています。

画像引用元:独立行政法人 日本学生支援機構HPより

奨学金の月々の返済額の目安は?

人によって異なる奨学金の返済額ですが、

目安となる返済額はどれくらいなのか

調べてみました。

 

目安としては

月々1万円強から2万5千円前後といった

返済額になることが多いようです。

 

ただ少し驚いたのが、

その返済期間です!

 

こちらも人によって異なるのですが、

目安としては

14年から20年かけて返済をすることになるようです。

 

14年から20年ともなれば、

大学を卒業したのが22歳だとして

40歳前後になるまで支払い続けるという

ことになります。

 

その間にもし病気などで

仕事につくことが出来なくなったりしたとしても

返済は待ってくれないので

この負担は結構厳しいかもしれないですね。

スポンサーリンク
 

奨学金破産今後はどうなる?

奨学金破産については

NHKクローズアップ現代でも

報道があったように

今後社会問題として

なんらかの取り組みが行われていくかも

しれません。

仮に自己責任であったとしても

場合によっては

「20年も返済しないといけない借金なんだ」

という認識をもってもらうような

啓蒙活動が必要になるかもしれないですね。

 

若者の未来を実りあるものに

するためにもよりよい方法を

考えていくタイミングにあるのかもしれないですね。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク