ロシアから

平昌オリンピックに出場していた

アレクサンドル・クルシェルニツキー選手が

ドーピング違反で失格となりました。

 

カーリングの混合ダブルスで銅メダルを

獲得していた選手で

メダルも剥奪となりました。

 

ロシア選手で注目選手といえば

フィギュアスケートの

アリーナ・ザギトワ選手ですよね!

 

先日練習中に突如ドービング検査が

実施されていたようですが、

結果はどうだったのでしょうか?

 

記事を御覧いただき

ありがとうございます。

 

今回の記事では

ザギトワ選手へのドービング検査の

結果や、メダルを剥奪された

アレクサンドル・クルシェルニツキー選手

のドーピング違反が

与える影響について調べてみました。

スポンサーリンク
 

ザギトワに突然のドーピング検査が実施!

ザギトワ ドーピング検査 結果

画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

個人資格の

「ロシアからの五輪選手(OAR)」として

平昌オリンピックに出場している

ザギトワ選手。

 

同じくOARの選手である

アレクサンドル・クルシェルニツキー選手

がドービング違反で失格となっています。

 

実はザギトワ選手にも

世界反ドーピング機関(WADA)により

突然のドーピング検査が実施されていました。

 

そのドーピング検査が

あったのは、

19日の練習前のことです。

 

血液検査と尿検査を求められたそうですが、

突然検査を求められたためか

検査に必要な尿の提出が

出来ずに練習が中断となっていました。

 

OAR関係者からは「練習が破綻した」と

WADAを非難する声があがっているようです。

ザギトワのドーピング検査結果は?

ザギトワ ドーピング検査 結果

画像引用元:http://www.sanspo.com/

このドービング検査の結果は

数日から数週間かかることもあるようです!

 

そのため現時点では

19日に実施されたザギトワ選手の

ドーピング検査の結果がどうだったの

はっきりとしたことはわかっていないようですね。

 

事実としてあるのは

ザギトワ選手は最高の演技で

ショートプログラムで1位となっている

ということだと思います。

 

試合本番直前で練習を

中断されられたにもかかわらず

凄いですよね!

 

さらに15歳という年齢での

この活躍には頭が下がります。

 

 

そんな演技を見せた

ザギトワ選手ですが、実際のところ

ドーピング違反はあったのでしょうか?

 

もし違反を認識していて

ドーピング検査への

不安があるとしたら

直前に練習を中断されるほど

不意打ちで検査されていたら

不安で演技に悪い影響が出てしまうのでは?

と思います。

 

しかしザギトワ選手は

不安を全く匂わせることなく

最高の演技を披露してくれました!

 

そのことからも

ザギトワ選手本人は

おそらくドービング違反の

認識は無いと思われます。

 

ただ、今回ドーピング違反で

メダルを剥奪された

アレクサンドル・クルシェルニツキー選手の

違反背景から考えると

本人がドービング違反と

認識していないと言っても

ドーピング検査の結果が

完全に白かというと、

まだわからないかもしれません。

 

アレクサンドル・クルシェルニツキーのドービング違反理由は?

ザギトワ ドーピング検査 結果

画像引用元:twitter

クルシェルニツキー選手の

ドービング違反となった理由ですが、

禁止薬物とされる

「メルドニウム」

が検出されたためとなっています。

 

 

一方でクルシェルニツキー選手は

故意によるドービング違反を否定しています。

 

ということは本人は

故意によるドービング違反を否定しています。

クルシェルニツキーの検体からは禁止薬物のメルドニウムが検出された。同選手は違反を認め、五輪期間中の暫定資格停止処分を受け入れた。しかし、CASによると、故意の摂取を否定するなどして大会後に処分の無効や軽減を求めて争う意思を示している。

時事通信社より引用

このメドニウムと故意による違反の否定というのが

ザギトワ選手のドービング検査に

影響する可能性があるのではと思います。

スポンサーリンク
 

 

ザギトワドーピング検査への影響は?

ザギトワ ドーピング検査 結果

画像引用元:twitter

まずメルドニウムですが、

2016年1月に禁止薬物に指定されています。

 

メドニウムですが、

持久力向上や疲労回復に効果があるとされ

かつてロシアでは競技を問わず多くの

選手がつかったいたようです。

 

競技を問わずロシア選手の間で広く使われていた実態が明らかになっている。

時事通信社より

有名なところでは

女子テニスのマリア・シャラポワ選手も

この薬物で陽性反応となり、

出場停止処分を受けています。

 

さらに故意ではないという

ことから、違反となった

クルシェルニツキー選手本人は

ドービング違反の認識はない

上程で試合に望んでいたと思われます。

 

・ロシアに馴染みの深い「メルドニウム」

・本人は無自覚

 

というところから

ザギトワ選手に関しても

検査結果が明らかになるまでは

どうなるか慎重に見守る必要が

あるかもしれませんね。

 

考えたくもないですが、

本人の自覚なくといことで

コーチなどから少量与えられて、、、

なんて可能性もゼロではないかと。

 

ちなみに

ザギトワ選手は

エテリ・トゥトベリーゼ コーチに

絶大なる信頼をもっているようです。

エテリ・トゥトベリーゼコーチ(ザギトワ&メドベージェワ)指導法にプロフィール経歴!

 

ただ、ザギトワ選手の最大のライバルとされているのは

同門のメドベージェワ選手です。

 

コーチからすればどちらも

教え子になるので、あえて危険を

犯すようなことはしなそうですよね!

 

ですので、

ザギトワ選手は故意でないとしても

ドービング違反は

していないと信じています!

最後に

「ロシアからの五輪選手(OAR)」の

クルシェルニツキー選手が

ドービング違反により

メダル剥奪が報道されました!

 

同じOARの選手として

ザギトワ選手のドーピング検査の

結果が気になったので調べてみたところ

現時点では結果は出ていないようです。

 

またザギトワ選手自身も

ドーピング検査の不安など

微塵もない演技で

ショートプログラム1位と

なっています。

 

ただ、ロシアに馴染みの深い

メルドニウムが検出された事

本人は故意ではないとしている事

からザギトワ選手本人が

ドーピング検査に不安がないとしても

違反となる可能性はゼロではないかもしれません。

 

しかし、現時点では

ドービングをする理由も見当たらないので

おそらく問題ないかと思います!

 

ですのでフリーでは

全力で悔いのないような

演技を見せてほしいですよね!

 

ザギトワ選手や

最大のライバルメドベージェワ選手

二人のコーチである

トゥトベリーゼコーチについては

こちらでもご紹介しています。

よろしければチェックしてみてください。

アリーナ・ザギトワ衣装のかわいい画像!身長は?(平昌オリンピック金候補)

メドベージェワのかわいい画像!カップは?セーラームーンが似合いすぎ!

エテリ・トゥトベリーゼコーチ(ザギトワ&メドベージェワ)指導法にプロフィール経歴!

スポンサーリンク