2月23日放送の

ミュージックステーションに

黒柳徹子さんの

アンドロイド

徹子ロイドこと

「totto」が出演して

話題になっています!

 

観客席からの登場

だったのですが、

その表情や動きに

会話のチグハグさもあり

怖い!

不気味

軽く放送事故!?

とさわがれていますw

 

記事を御覧いただき

ありがとうございます。

 

今回の記事では

Mステに出演した

徹子ロイド「totto」に

スポットを当てていきたいと思います!

スポンサーリンク
 

徹子ロイド「totto」とは?

M[ステ 徹子ロイド totto 怖い 不気味

画像引用元:http://chirimencho.net/

「totto」ですが、

昨年10月2日から放送されたドラマ

「トットちゃん!」(テレビ朝日系)

の放送を記念して企画制作された

黒柳徹子さんのアンドロイドです!

 

黒柳徹子さんの愛称である

「トットちゃん」から

名称をとって

「totto」と名付けられていますね!

 

テレビ朝日、電通、電通テック、エーラボ

の4社がテレビ朝日主導のもと

共同して開発しています!

 

開発方法ですが、

このように報道されていました!

黒柳さんを3次元(3D)カメラで撮影し、等身大の型を作製。長寿番組「徹子の部屋」の会話データを基に、最新技術で合成した声で話す。本人の表情やしぐさ、クセなども研究し再現した。来年からは自律会話システムも導入し、会話ができるようになる。

https://www.nikkei.com

アンドロイドといてば

マツコ・デラックスさんのマツコロイドも

活躍していましたよね!

 

徹子ロイドと共通するのは

怖い!そしてなんとも言えない不気味感でしょうかw

 

「totto」の活用方法ですが、

高齢者とのコミュニケーションや、子供への絵本の読み聞かせなど社会活動に使う。

https://www.nikkei.com

とのことですが、

怖過ぎで子供泣いちゃいませんかねw!?

徹子の部屋で黒柳徹子をゲストにトークを披露!?

「totto」の完成を記念して、

普段ホストをされている

黒柳徹子さんが「totto」をホストをして

「徹子の部屋」にゲスト出演しています。

不気味ですが、

黒柳徹子さんが得意とする

無茶振り&リピートは

いい感じでコピーしていますねw

Mステにtotto」が登場!放送事故!?

徹子ロイド totto 怖い 不気味

画像引用元:twitter

 

登場時点から怖がられていましたが、

タモリら出演者からの呼びかけに対して

反応するのですが、ワンテンポ遅れてたりして

スタジオ内では微妙な空気が流れていました。

 

曲の間でも突如HIKAKINさんに

「ビートボックスをやって!」

とその無茶振り加減は黒柳徹子さん譲りでしょうか!?

 

それに答えてクオリティの高い

ビートボックスを披露したHIKAKINさんは

すごかったですね!

 

元祖の黒柳徹子さんだと

気に入ったネタはリピートするという

クセがありますが、HIKAKINさんの

ビートボックスはあまり受けなかったのか

Mステだけに少しキャラを変えてきたのか

一度ふったきりで終了となっていましたw

スポンサーリンク
 

徹子ロイドに対するネット上の反応!

徹子ロイド totto 怖い 不気味

画像引用元:twitter

怖いという意見から

面白い!

無茶振りヤバい!

など様々な意見があるましたが、

Mステスペシャルですし、

ポジティブな意見のほうが

多かったですよね!

 

徹子ロイドとからむ

アーティストの素の表情など

見どころがありますね!

 

ちなみに

アンドロイドつながりで

ソニーが開発した

犬型ロボット

「aibo」も登場!

SexyZoneと一緒に頑張っていました!

 

こっちのロボットは

純粋にかわいいですね!

最後に

2月22日放送のMステに出演した

徹子ロイドことと

「totto」

 

共演者への無茶振りは

そのままにしつつも、

徹子の部屋登場時よりは

ややおさえられたキャラ設定に

なっているようにも

感じました!

 

今後テレビ朝日の番組に

ちょくちょく登場するかもしれませんね!

 

ちなみに大御所の

ロボット繋がりとしては

小林幸子さんの

ボーカロイドで幸子ロイドこと

「sachiko」も

ダウンタウンDXに登場して

話題になっていました。

こちらでご紹介していますので

気になった方はチェックしてみてください。

【ダウンタウンDX】幸子ロイドの完成度が凄い!大成中校歌で爆笑!【動画】

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク