テレビ朝日の

人気特番「芸能人格付けチェック」

で格付けマスターの

浜田雅功さんと伊東四朗さんと

ともに進行を務める

「ヒロド歩美」アナウンサー。

 

個性的な名前だけに

色々と気になりますよね!

 

また最近可愛くなったと

ネットを中心に話題になっているようです。

 

記事をご覧いただき

ありがとうございます。

 

今回の記事では

ヒロド歩美アナウンサー

についてスポットを当てていきたい

と思います。

スポンサーリンク
 

ヒロド歩美アナウンサーのプロフィール!

ヒロド歩美アナウンサー 国籍 英語力 可愛くなった

画像引用元:twitter

  • 名前:ヒロド歩美(ひろど あゆみ)
  • 本名:ヒロド・ビクトリア・歩美(ひろど・びくとりあ・あゆみ)
  • 生年月日:1991年10月25日
  • 年齢:25歳
  • 身長:163cm(推定)
  • 体重:非公開
  • 出身地:兵庫県 宝塚市
  • 大学: 早稲田大学 国際教養学部
  • 所属:朝日放送(ABC)2014年入社

 

早稲田大学 国際教養学部を

卒業されています。

授業は英語で行われるようで、

帰国子女の方の比率が

多い学部になっているようです!

 

ヒロド歩美さんですが、

宝塚市出身となっていますが、

生まれが宝塚というだけで

実は帰国子女なのでしょうか?

そもそも本名が

「ヒロド・ビクトリア・歩美」

となっていて

どうも日本人とは思えない

感じですよね!

 

ハーフなのでしょうか?

 

といっても

顔立ちは純日本人といった

感じがします。

 

気になったので調べてみました!

 

ヒロド歩美アナウンサーの国籍は?ハーフ?

ヒロド歩美アナウンサーですが、

顔立ちからすると

日本人といった感じですよね!

 

ただ、本名からすると

明らかに日本人ではない名前になっています。

 

 

ヒロド歩美アナウンサーの

国籍を調べてみたところ

「オーストラリア」でした!

 

実はお父さんが日系オーストラリア人3世で

お父さんの国籍を引き継いでいたようです!

 

なお、お母さんは日本人です!

 

「ヒロド」はお父さんの姓となっています!

 

ちなみに大学3年生の2012年に

ミス・ユニバース・ジャパン千葉大会で

ベストパーソナリティ賞を受賞したとき

「廣戸歩美」名義で出場していました。

 

22歳の国籍選択時に

オーストラリア国籍を選ばれていますが、

実はほとんど日本で生活していて

オーストラリアには小さい頃2ヶ月ほど

留学していただけのようですね。

 

ヒロド歩美アナウンサーの英語力は?

名前や出身大学からするとハーフで

帰国子女といったイメージでしたが、

ほぼ日本育ちの日本人だった

ヒロド歩美アナウンサー!

 

英語力はどうなのでしょうか?

 

調べてみたところ、

案の定というか昔は

英語がかなり苦手だったようです!

 

ただ、高校時代に英語を猛勉強して

実力をつけてきたようですね!

 

なお高校時代には

英語のスピーチコンテストで、

近畿大会優勝・全国大会3位という成績を

残されています!

 

今では英語はネイティブ並で

テレビの取材でも海外の方と

普通に英語でインタビューをされていました!

 

ちなみに特技は阪神タイガースの

ファンということもあってか

英語で歌う「六甲おろし」だそうです!

ヒロド歩美アナウンサーが可愛くなった!?

ヒロド歩美アナウンサーですが、

最近可愛くなった!

と話題になっているようです!

 

確かにSNSでもそのような

投稿がありました!


昔からも美人ですが、

最近髪型をショートに変えて

より顔立ちがはっきりして

可愛くなったと感じる方が

増えてきているようですね!

 

#甲子園への道 #ヒロド歩美 アナウンサー #衣装提供 #charl#シャール

charlさん(@charl319)がシェアした投稿 –


また、テレビでの露出が増えてきている

ということもかわいいという

声が増えた要因でもあると思います!

最後に

ヒロド歩美アナウンサーについて

ご紹介してきました!

 

お父さんが日系オーストラリア人ということで

国籍は「オーストラリア」でした!

 

ただ、ほぼ日本育ちのため

帰国子女と比べると

英語では不利な状況だったかもしれませんが、

ご自身の努力でネイティブ並の

英語力を身につけられていました!

 

最近可愛くなったといった声も

多くなってきているようですし

ますます活躍の場が広がっていきそうですよね!

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク