若貴ブームで沸いていた

90年台に大相撲で活躍した

人気関取の三杉里。

 

3月30日放送のTBS系人気番組

「爆報!THE フライデーに出演」

するとのことで

現在の状況や当時の

話題のなかでどんな話が

されるか楽しみですよね!

 

記事をご覧いただき

ありがとうございます。

 

今回の記事では

三杉里が

「八百長でクビとなった?」

「貴花田との取組で骨折させていた?」

といった現役時代の噂や

現在の状況について

調べてみました!

スポンサーリンク
 

三杉里のプロフィール

三杉里 八百長 骨折 現在 整体 ごっつハンド

画像引用元:twitter

  • 四股名:岡本 公似→三杉里 公似
  • 本名:岡本 公似(おかもと こうじ)
  • 愛称:おかもっちゃん・おかもん
  • 生年月日:1962年7月1日
  • 年齢:55歳
  • 出身:滋賀県甲賀郡信楽町(現・滋賀県甲賀市信楽町)
  • 身長:185cm
  • 体重:159kg(現役時)
  • 所属部屋:二子山部屋
  • 得意技:右四つ、寄り、上手投げ、突き落とし
  • 最高位:東小結
  • 生涯戦歴:700勝709敗2休(118場所)
  • 幕内戦歴:367勝428敗(53場所)

80年台後半から90年代にかけて

幕内力士として活躍されていました!

 

中でも貴花田(現貴乃花親方)

とは相性が良く、

初対戦から5連勝しており、

「貴花田キラー」

と呼ばれていました!

三杉里は貴花田を取組で骨折させた!?

右四つで豪快な上手投げが

得意技だった三杉里。

 

貴花田との取組みで骨折させたことがある?

との噂があるようです。

 

若い頃の貴花田は怪我とは無縁の

イメージがありましたが、

どうなのでしょうか?

 

調べてみたところ、

三杉里が原因で骨折をした力士は

確かにいました。

 

ただその相手は貴花田ではありませんでした。

 

三杉里の上手投げが原因で

骨折した力士は

「富士乃真」です。

 

 

当時土俵下で三杉里と益荒雄の

取組みが終わるのをまっていた富士乃真。

 

そこに益荒雄と三杉里が投げの打ち合いから

もつれて土俵下に転落。

 

その際、富士乃真の足に三杉里の

廻しが激突してしまったのです。

 

富士乃真はそのまま動けず

その日の自身の取り組みは

不戦敗となりました。

 

検査の結果

骨折していたことが判明しています。

 

三杉里は現役時は159kgですからね。

さらに投げの打ち合いでかなり力も

入っていたと思うので相当の勢いで

足の上に落ちたのではないでしょうか?

 

考えただけで痛そうですね。

 

ちなみに富士乃真は次の日から

休場となったのですが、

その時の対戦相手は三杉里で

三杉里は不戦勝となっていました。

 

なんだか棚からぼた餅的な勝利ですよね。

三杉里は八百長でクビ!?

三杉里ですが、大相撲で

八百長問題が取り沙汰されはじめた

2008年ごろに八百長の疑惑がもたれています。

 

その八百長疑惑ですが

貴花田に対する八百長相撲が

あったのではないか!?

 

というものです。

 

確かに三杉里は貴花田キラーとして

5連勝していましたが、

貴花田が初優勝を決めた92年初場所の

千秋楽で貴花田と対戦していました。

 

勝てば貴花田の優勝が決まるという

一番で三杉里は5連勝している貴花田から

初めての黒星をきしています。

 

そのことから八百長があったのでは?

 

との疑念が持ち上がったようです。

 

確かに話としては

有り得そうな展開ではありますが、

ガチンコを心情とする貴花田が

八百長をやるとは考えにくいですよね。

 

ただ八百長疑惑を持ち出す

側の考えとしては

「貴花田本人の知らないところで

八百長の働きかけがあったのでは?」

という疑いをもっているようです。

 

貴花田の親方である

藤島親方が兄である二子山親方(当時)に

働きかけ二子山親方から三杉里に

八百長の指示が下った。

というものですね。

 

どうやら疑惑の取り組み時に

三杉里の取組みに望む姿勢が

勝ちを意識したものではなく

がっつり組にいっており

貴花田有利の体勢になっていたことから

そのような疑惑が持ち出されているようです。

 

でもどうなのでしょうか?

三杉里からすれば貴花田は

子供の頃からしっている

いわば弟のような存在。

 

そんな貴花田に対して

勝つためにカチアゲを放ったり

変化してみたり

といった姑息な取組みは

やらないのではないでしょうか?

 

むしろ堂々と受け止めて

「相撲の厳しさを教える」

という心構えで

取組に臨んだのではないかと思います。

 

ところが実際には貴花田の

力が増してきており

敗れてしまった。

 

といったところではないでしょうかね?

 

現に三杉里自身は

八百長について完全否定しています。

 

他にも有力な証言もなさそうなので

三杉里が貴花田に八百長を働いたという

可能性はないのではないかと思います。

三杉里引退の原因は?

なお引退の原因ですが、

成績不振によるものでした。

 

引退したのは1998年7月場所です。

 

98年には藤島親方が兄の引退に伴い

二子山部屋を引き継きついていましたが、

その二子山親方の方針で

幕下陥落した関取には相撲を取らせない。

 

という決まりがあったのです。

三杉里は引退した場所で残念ながら

幕下陥落が決定的になっていたため

通算700勝を決めた翌日に

引退を表明しました。

スポンサーリンク
 

三杉里の現在は整体ごっつハンド経営!

引退をしたあと相撲界に

とどまり自身の相撲部屋を立ち上げる事を

夢見ていた三杉里ですが、

相撲協会のルール変更に

親方になる資格を有せなくなってしまいました。

 

実は部屋立ち上げのため

数千万円の借金をして準備していたのですが、

まさかの規則変更により

その借金だけが残るという

最悪の事態となっていまいます。

 

ありえない梯子外されぶりですよね。

なんとも不運でとても気の毒です。

 

その後相撲協会を辞め

整体師となるため44歳で

一から勉強を始められています!

 

2年の修行後

「健康回復館 三杉里のごっつハンド」を

開業しました!

 

三杉里の知名度と

整体師としての腕が評判を呼び

人気店となったことで

借金もかなり返済出来たようです!

 

ただその後経営拡大のため

2店舗目を立ち上げたことが

裏目に出てしまい、

経営が悪化。

 

現在は再び借金が

膨らんでしまったようです。

 

昨年出演した番組では

「現役時代からね。土俵際が得意でしたから。今も土俵際ですけどね」

と語っていて再び大逆転をねらっているようですね!

是非人生でも土俵際の

うっちゃりを見せてほしいものです!

最後に

三杉里いついて

ご紹介してきました。

 

八百長疑惑をもたれた

こともありましたが、

ご本人も完全否定していますし、

引退の原因も成績不振によるものですので

八百長への加担はなさそうです。

 

また豪快な投げにより

土俵下でまっていた

力士を骨折させてしまうという

ハプニングがあったことは

事実でした。

 

現在は整体師として

「ごっつハンド」

を経営する実業家として

活躍中です!

 

簡単に返せる額ではないという

借金があるようですが、

是非土俵際での大逆転を見せてほしいですよね!

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク